月別アーカイブ: 2014年9月

「ありがとう おこしやす♪嵐山」 9月27日

「ありがとう おこしやす♪嵐山 2014」もメインの2日間を迎えました。

「嵐電・トロッコステーションライブ」の嵐電嵐山駅会場での、谷敏子さん(フルート)と山根ひろみさん(グランドハープ)のデュオ。
誰もが知っているおなじみのメロディから日本の歌、そして嵐山駅には珍しいクラシック・・ということで、画像ではマスカー二の歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」からの一曲を演奏中。
O

日が暮れてからは、渡月橋北の船のりばで、人気の屋形船「嵐響夜舟」、二胡などの演奏、楽しい屋台などがありました。画像はそのにぎわいを大堰川の対岸から撮影したものです。
「嵐響夜舟」のちょうちんには、渡月橋が描かれていました。
O

O

明日9月28日も、昼間から宵まで、嵯峨嵐山でゆっくりとお楽しみくださいね!
おこしやす嵐山2014②

 

夜の嵐山・虚空蔵法輪寺に行ってきました。

「ありがとう おこしやす♪嵐山 2014」に合わせて実施された、法輪寺の夜間開放に行ってきました。
立命館大学の天文研究会のみなさんによる天体豆知識のお話や京都の夜景、星空観察などしてきました。本堂には万華鏡も投影されていました。
秋の虫の声や涼しい山の空気などたのしかったですよ。
明日28日までやっています(午後8時まで)。

(舞台に飾られた季節の活け込みと太陽系!のミニオブジェ)
O

(参道の花灯路)O

(本堂の万華鏡)
O

(舞台から見た夜景(比叡山方向。ブレていてゴメンナサイ))
O

(立命館大学天文研究会のお話などもあり、にぎわう法輪寺舞台)
O

 

「ありがとう おこしやす♪嵐山2014」 虚空蔵法輪寺の夜間特別開放

9月27日(土)28日(日)17:00~20:00 虚空蔵法輪寺を特別に開放します。
(嵐電嵐山駅から、渡月橋を渡ってまっすぐ。つきあたりの石段をおあがりください)。

~舞台で楽しむ星空と夜景~
本堂では万華鏡の投影、
市内が一望できる舞台では、嵐山随一の夜景、
そして立命館大学衣笠天文研究会の学生による星空観察で静かな秋の宵がお楽しみいただけます。
参道は花灯路のやさしい灯りが皆さまをお迎えいたします。

【26日昼下がりの法輪寺】
(本堂)
P9230520 - コピー

(舞台)
P9230518 - コピー

(舞台から見た京都市街地。遠くの一番高い山は比叡山)
P9230516 - コピー

(舞台から見た嵐山の街並み。中央は渡月橋)
P9230514 - コピー

昼間もすてきなスポットですが、夜景も眺めることができるこの機会に、ぜひお参りにお越しくださいね。

「ありがとう おこしやす♪嵐山」 嵐山駅前広場ミニライブのお知らせ

 嵐電嵐山駅では、「ありがとう おこしやす♪嵐山2014」に合わせ、駅前広場でミニライブを開催します。 

9月27日(土)
13時15分~13時35分   スギテツ(ピアノ&ヴァイオリン)
14時15分~14時35分   スギテツ(ピアノ&ヴァイオリン)
15時30分~16時      谷敏子&山根ひろみ(フルート&ハープ)
16時15分~16時45分   谷敏子&山根ひろみ(フルート&ハープ)

9月28日(日)
13時15分~13時45分   Jardin de Harpa 野中みさえ&山根ひろみ
(パラグアイハープ&アイリッシュハープ)
14時15分~14時45分   Jardin de Harpa 野中みさえ&山根ひろみ
(パラグアイハープ&アイリッシュハープ)
15時15分~15時45分   斉藤雪乃トークショー ※嵐電駅長とのトークもあります。
16時15分~16時45分   斉藤雪乃トークショー ※嵐電駅長とのトークもあります。
おこしやす嵐山2014②

 

27日・28日メインを迎えます 「ありがとう おこしやす♪嵐山2014」

9月の嵐山地域のおもてなし恒例イベント、今年は「ありがとう おこしやす♪嵐山2014」と銘打って、プレイベントが開催されてきましたが、この週末27日・28日にメインを迎えます。
お天気も上々との予報!
嵯峨嵐山でのんびり、秋の休日を!
おこしやす嵐山2014①
おこしやす嵐山2014②

主催・嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会のホームページはこちらです。

http://www.arashiyama-kyoto.com/info/001563.html

芸術の秋

今年は例年に比べると早く涼しくなり、もうすっかり秋の気配を感じる今日この頃。

嵐電嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアでは、沿線にある京都嵯峨芸術大学によるアートプロジェクトが開催中です。その名も、「嵐電、ジャックしてみた。」

 

嵐山駅の正面入り口の暖簾も期間限定で嵯峨芸オリジナルに!

アート1

中央ホームや足湯周辺の動物たち。

アート5

アート2

 

アート3

アート4

タリーズコーヒーの店内にも作品が展示されています。

アート6

また、車内吊り広告が作品に替わった「コミックアート電車」も運行中です。そして、3日間限定ですが、電車を嵐山に留置し、車内を美術館として利用する「ミュージアム電車」も登場します。お楽しみに!

嵐山でちょっと早い芸術の秋 楽しんでみませんか?

詳しくは以下をご覧ください。

【嵐山アートプロジェクトチラシ】http://randen.keifuku.co.jp/news/art2014.pdf

【京都嵯峨芸術大学HP】http://www.kyoto-saga.ac.jp/news/18487

 

 

 

 

 

 

高瀬川 開削400年

今年は、角倉了以さんが京都の高瀬川を開いて400周年の記念の年。

高瀬川は京都の繁華街の一つ、木屋町通り沿いを流れていますが、角倉了以さんは高瀬川だけではなく、嵐山と亀岡を結ぶ大堰川も開かれたのです。
了以さんのおかげで、丹波の材木や産物が京都に運ばれ、産業の発展につながりました。
嵐山の亀山公園には、了以さんの像が立っています。
また、嵐山の大悲閣千光寺は、大堰川開削工事で亡くなられた方々を弔うため、了以さんが再興されたのです。

このように、了以さんを通じて嵐山と深いつながりをもつ高瀬川で、記念イベントが開催されています。
嵐山から高瀬川までは嵐電・阪急乗り継ぎで40分余りで行くことができます。

嵐山観光の後に高瀬川散策もいいかもしれませんね。

(京都新聞記事) http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140828000020